妊娠初期に摂ることが一番大事

先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと全体の約4%というのが平均的な数値です。

高齢での出産など、いろいろな要因が考えられますがある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だといえます。

ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事なんです。

なので、葉酸はあらゆる妊婦にとって、必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても決して言いすぎではありません。

妊婦には葉酸と聞いて、無理に食事から摂ろうとしている方も多いのではないでしょうか。

当然のごとく知らなければならないのは、何を食べれば葉酸が多く摂れるのかです。

その名前からしても、葉酸は葉物野菜に多く含まれているはずです。

例えば、ゴーヤーには、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が多く含まれているのはご存じでしょうか。

食事の中で効率よく葉酸を摂るために、旬のゴーヤーは食べてほしいのですが、たくさん食べれば良いというものでもありません。

ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、胃が持たれたり、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ体の不調が起こる羽目になりかねません。

そのため、手っ取り早く葉酸を摂取するには、葉酸サプリが一番だと思います。

葉酸サプリには、食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。

1日に摂るべき葉酸量は、およそ400ug程度で構いません。

ただし、必要な葉酸量が欠乏すると、赤ちゃんの脊椎がふたつに分かれてしまう二分脊椎など、胎児の成長に大きな作用を与える可能性もあります。

ちなみに、葉酸サプリを飲んで順調に出産した後も、葉酸サプリは授乳期が終わるまでは飲み続けることをおすすめします。

また、赤ちゃんの夜泣きに困った場合は、夜泣き対策サポートティーのすやねむカモミールなどのノンカフェインのオーガニックハーブティーがいいみたいですよ。

 

 

妊娠初期に葉酸が足りないと・・・

待望の赤ちゃんを授かって、身体には本当に気を遣いました。

特に注意が必要なのは妊娠初期だと、全く同じことを母と医師が言っていたからです。

インターネットでも、雑誌の記事でも妊婦には葉酸が不足しがちで、赤ちゃんの発育にも影響すると書いてあったためbaby葉酸サプリで補うことにしました。

思うように食べられないときもありましたが、baby葉酸サプリは栄養補助食品と書かれており、葉酸を欠かさず摂れたのは良かったと思っています。

なお、妊娠初期に葉酸が足りないと、赤ちゃんの成長に影響を及ぼすことは広く知れ渡っています。

ですが、摂取しすぎた場合のことは、それほど知られていないように思います。

どうも発熱や蕁麻疹を生じやせやすくする原因となったり、赤ちゃんが将来、喘息で苦しく辛い思いをする確率なども高くなるようです。

そのため、これからは葉酸の取り過ぎにも、気をつけておくことが大切だなと思っています。

ちなみに、食材の中で、葉酸が多くふくまれるものには、レバーや枝豆、ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草などいろいろあります。

しかし、葉酸をたくさん摂るためだけに、ある食材ばかりを食べ続けるのも普通の人には耐えがたいことだと思います。

なので、誰にでもできる葉酸の摂取方法の一つとして、スムージーはお奨めできます。

そんなスムージーの作り方は、ミキサーを使って、葉酸が多い野菜の他にりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、簡単においしいスムージーが完成します。

私の場合は、スムージーを作るのが面倒くさいし、妊娠中は結構つわりもひどかったので、baby葉酸サプリだけを飲んでいました。