なんと10年ぶりくらいです

最近は物欲もなく、洋服やバッグの買い物は長らくしていませんでした。

ですが、友人の結婚式用にパンプスとパーティー用ドレスを購入しました。

今まで結婚式等で使っていたドレスは、20代前半の時に購入したものだったのです。

30代になった今、形的にも色合い的にも少々恥ずかしいなと感じて、購入を決意しました。

ドレスは落ち着いた感じのキレイめドレスを、靴は久々にヒールのあるパンプスに惹かれて購入しました。

靴を買うのも久しぶりだけど、ヒールのある靴を買うのは、なんと10年ぶりくらいです。

長男が産まれて約9年。。。

まだ幼稚園に通っていない次男もいるので、いつもスニーカーやサンダル、ぺたんこ靴ばかりを履いていました。

パンプスを履く機会がなかったわけではありませんが、入園式などまれにあっても、ヒールのないパンプスで済ませていました。

子供を抱っこすることがあるので、怖いのはもちろんですが、楽な方を選んでいたわけです。

今年は次男も幼稚園に入園するので、子育ても少し一段落です。

1人で買い物に行ったり、出掛けることも可能になるので、ヒールの高い靴も履けるかなと思って購入しました。

家で試しに履いてみたら、何だかウキウキしてしまいました。

ヒールがあるだけで、こんなに変わるんだなって思いました。

この10年、家事や育児にいっぱいいっぱいで、オシャレを気に掛けることはあまりしてこなかったのです。

でも、ヒールがあるってだけで、少し嬉しくなってしまいました。

まだまだ子育ても続きますし、ヒールの高い靴は疲れてしまうので、頻繁に履こうとは思いません。

ですが、たまにはオシャレしてヒールのある靴を履いて、女子力アップさせたいなと思います。

そんな私ですが、足に爪水虫があるので、指先が出るようなヒールは履けません。

そのため、今は一生懸命に爪水虫の薬を塗って、完治させようと思っています。

 

 

短所もあるそうです

葉酸は妊婦さん立ちの間では、つわりにも好影響を及ぼしますよね。

これには諸説ありますが、葉酸をきちんと摂れている安心感で、プレママのストレスが減り、つわりが軽くなるのではないかという考えもあるようです。

いずれにしても妊娠初期は、毎度の倍の量の葉酸を摂るのが理想だと言われています。

また、赤ちゃんが欲しいと考えて妊活をはじめた時点から、はぐくみ葉酸の摂取をはじめる事が望ましいといわれています。

なぜなら、赤ちゃんが出来る前に、体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事が、体内の赤ちゃんの先天性奇形の予防において効果的だからです。

そして、妊娠3ヵ月頃までは、持ちろん続けて摂取していく事が大事になってきます。

妊活中や妊娠中の方でだったら、赤ちゃんの順調な成長のため、意図的に葉酸を摂取しようとするものです。

ですが、摂取量には気をつける必要もあります。

というのも、過剰に取り入れると、体に不調を起こす短所もあるそうです。

そのため、はぐくみ葉酸の効果を得るには、適切な摂取量を確認しておくことも重要です。

そんな葉酸ですが、熱するとおよそ半分が失われてしまうので、調理をする場合には注意することが大切です。

特に調理の行程で長い時間、熱を加えてしまうと、ミネラル分や栄養素も半分に減ってしまいます。

そのため、加熱する場合は、さっと湯とおしだけにするなど、加熱しすぎないように気をつけることが大切です。

ところで、ここ最近では、妊活の一部にヨガを生活の中に取り入れる事が、とても有効があると言われています。

その所以は、深い呼吸を繰り返す事で体の免疫力が上昇したり、精神的にも落ち着いてくるといったメリットがあるからです。

しかも妊娠した後でも、マタニティヨガというものもありますし、ヨガの呼吸法は出産の際にも役に立ちます。

しかし我が国では、中々赤ちゃんを授かれず、妊活に苦労されているご夫婦もたくさんいらっしゃると思います。

少子高齢化が問題視されていますが、願望しているのに子供が出来なくて、本当に悩まされているご夫婦が多くなってきています。

今以上に日本が一丸となって、安心して子供を創り、そして育てることのできるような国に変化していくことが望まれます。

 

 

害になることがあります

葉酸はビタミンMともいい、妊娠初期には特に大切ですよね。

その理由は、葉酸が妊娠初期の胎児の脳と神経系が形成される過程で、発育を促進する働きをするからです。

健康な赤ちゃんが生まれるように、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていってください。

妊娠中の女性にとって重要な栄養素の葉酸は、ゴーヤーには豊富に含まれています。

ただし、葉酸を摂ることを目的として、ゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、食べ過ぎると害になることがあります。

なぜなら、極端なゴーヤーの摂取によって、胃持たれや下痢と言った身体の不調が現れる人もいるからだそうです。

身体の不調がつづくと、母体のみでなく、胎児の成長にも良いことではありません。

私も妊活するまで葉酸というのは、摂っていなかったのですが、妊娠すると必ず耳に入る栄養素、ビタミンの一種なんです。

というのも、母子手帳にも葉酸の摂取が必要だと、記してあるくらい大切な栄養素です。

なので、積極的に摂取することを推奨したいです。

今ではドラッグストアでも、手軽に葉酸が摂取できるサプリが、たくさん販売されています。

葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説は、すっかり一般的になりました。

赤ちゃんが順調に発育するために必要なだけでなく、妊娠中の女性の健康を維持するためにも、葉酸の効果は役にたつのです。

それなら、いつ摂取することが一番大切なのかと、わからなくなってしまうかも知れません。

ハグクミの恵みのクチコミによると、葉酸を最も必要とする時期は、妊娠前後から授乳期が終わる頃までだそうです。

特に出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。

なお、食生活の見直しや体を適度に動かすなど、具体的に妊活をし続けた場合、やがて疲労感が増してくる方も結構いるだろうと思います。

その様な場合には、ストレス解消のために子宝神社をお参りしてみてはどうでしょう。

物は試しに言いますから、一人で思いつめずに神様にお願いしてみるのも、プラス思考に転換できるいい機会になると思います。

それと、妊娠前や妊娠中には、極力、体にとって有害なものを排除する方が賢明です。

なので、タバコはリラックス効果はあっても、母体や胎児にはいいものではないことは確かですから、ぜひとも禁煙してください。

愛煙家の方は、禁煙も妊活の一環としてスタートすることをおすすめします。

ちなみに、現在の日本においては、数年にわたって妊活で大変な思いをしている夫婦も多数いることが予想されています。

以前から、少子高齢化だと叫ばれていますが、赤ちゃんがなかなか出来ず、悩まされているご夫婦も徐々に増えています。

そのため、政府はもっと力を入れて、出産や子育てをしやすい国に変えていくことを期待したいですよね。

 

 

姿勢が悪いんです

わたしはデスクワークが多かったり、スマホをいじっている時間が長いせいか、すごく猫背で姿勢が悪いんですよね。

肩が内側に巻き込まれているというか、すごく憂鬱そうな姿勢になってしまうんです。

そうすると、印象もすごく悪くて綺麗に見えないんですよね。

また、猫背であることは、肩や首に多く負担がかかってしまう事に加えて、肺や胃に負担がかかってしまうことになるそうです。

なので、深い呼吸が出来なくなってしまったり、胃の不調などにも繋がってしまうそうなんです。

なので、最近は意識して綺麗な姿勢になるように、自分の中でポイントを作りながら生活しようとしています。

まず、アゴを引く習慣をつけようとしています。

アゴを引く事によって、自然と姿勢が正しい位置になるそうです。

また、お腹とお尻に少し力を入れて、立つようにしています。

お腹に力をいれることで、筋トレにもなるようなので、日々少しの間に頑張っています。

また、自分の頭の中での意識ですが、なるべく隣に誰かが立ってエスコートされているような気になりながら歩くと、また意識が変わってくるんです(笑)

そうすると、動きにも品があるようになってくるんですって。。。

あんまり、こういう風に考えながら歩いてるっていうと、変に思われてしまうので、あんまり大声でいえませんが。。。

こうやって姿勢を整えることで、痩せやすくもなると言われています。

その他にも色んな原因を調べながら、姿勢を直すように頑張っていきたいと思います。