以前は電話かメールでした

今や世間では、スマホを1分1秒たりとも、手から離すことができない若者もいるようですね。

街中どこでも、スマホを使っている方をよく見かけるようになりました。

デート中も常にスマホをいじっていることが原因で、別れてしまうカップルもいるほど、今ではスマホは欠かせない存在となっています。

ひと昔前まで友だちとの連絡手段ややり取りは、電話かメールでした。

しかし、現在は主流になりつつある無料の「LINE(ライン)」が、生活の一部になっていることは間違いありません。

「LINE」は、まるで会話をしているかのように、相手との文章のやり取りや入力した時間が画面上に表示されます。

さらに、相手が文章を見ると、「既読」と表示され、読んだことがひと目で確認できます。

とても便利な機能ですが、返事が必要なときすぐに返事をしなければならないことや、未読のままだと不安になってしまう大変な機能でもあります。

「失礼なこと、間違ったことを言ってしまったのではないか、気分を害してしまったのではないか」と考え不安になるほど、スマホに依存してしまっている方が増えています。

システムエラーで届かないことや、送れないことがあったメールしか使っていなかった頃、返事が遅くなってもそれほど気にならず、不安もありませんでした。

しかし、メール以外のツールが増えて便利になった反面、不安要素が発生し、機能やシステムが進化することに対する良し悪しを判断することが難しくなります。

誰かと繋がる上で一番大切なことは、自分の気持ちのバランスと相手との距離をうまくとることだと思います。

たまには機械やシステムに頼らず、電話したり、直接合って話をしてみるのも良いことかも知れませんね。

ちなみに、スマホに依存しすぎている人を「スマホ病」だと、揶揄する人もいるようです。

確かに、スマホを見すぎて夜も睡眠不足の人もいるようですが、そんな方は潤睡ハーブの休息サプリメントがおすすめです。

潤睡ハーブは口コミでも人気があり、睡眠不足の人だけでなく、朝起きれない人や疲れが残ってしまう人などにも効果があるそうですよ。